MENU

工事規制

工事をおこなう際に実施する
各種規制のご紹介

E8北陸道 リニューアル工事

米原IC 立山IC(内、10区間)
昼夜連続・車線規制 / 対面通行規制
5/9 (月) 12/16 (金)

お盆期間を除く

工事をおこなう際、通行車両および作業員の
安全を確保するため

様々な
規制を実施します。
その工事規制の内容について紹介します。

はみ出し規制

高速道路上の情報板に工事規制情報を表示し、工事規制をお知らせする標識を路肩側へ設置します。次に、工事箇所手前に矢印板により車線を絞り込む「テーパー」を設置し、標識車を車線上に移動させます。その後、規制材運搬車によりラバーコーンを順に設置し、車線上に工事箇所を確保します。

連続規制

短い区間で工事規制が接近する場合には、それぞれの工事規制が断続することにより車線変更などが増え、無理な追い越しや合流に伴う追突や接触による事故の要因となります。そのため、工事をおこなっていない箇所でも、安全のため連続して工事規制をおこなっています。

低速走行規制

作業箇所の数キロ手前から、複数台の管理車両(黄パトなど)が全車線横一列に並び、時速10~20キロの低速で走行します。その前方の通行車両との速度差により、通行車両の無い時間帯を作り、全車線に渡る短時間の作業、本線を横断する作業を安全におこないます。

低速走行規制

Youtubeで視聴できない方は、以下のボタンから視聴ください。

動画を見る(ブラウザ)
<15.0Mbyte>

ドライバーの皆さまへのお願い

  • 低速走行規制により、一時的に渋滞が発生する場合があります。渋滞発生時はハザードランプを点灯し、後続車に合図を送るとともに、前車との車間距離を十分に確保して、追突事故の防止にご協力ください。
  • 低速走行規制をおこなう際に、規制箇所付近のICやSA・PAから本線への入口を、一時的に閉鎖する場合があります。

※工事規制の手順などの説明文や動画などは、高速道路上で行われている規制作業を簡略化したものであり、規制標識や矢印板の枚数やデザインなど、実際とは異なります。また地域ごとや規制時間(夜間規制など)により異なる場合があります。

一般道に迂回する際の
ルートをご案内

迂回ルート

詳しくはこちら

一般道への迂回に伴う
料金調整のご案内

料金調整

詳しくはこちら

各工事区間における
交通規制のご案内

規制内容

詳しくはこちら
渋滞予測はこちら