MENU

料金調整

迂回に伴う料金調整のご案内

E1東名

小牧JCT 清水IC
昼夜連続・車線規制
夜間IC閉鎖
SA・PA閉鎖
9/25 (土)0時 10/16 (土)6時

一部区間では、土・日も規制をおこないます。

東名集中工事期間中、C2 名二環や名古屋高速、
一般道などへの迂回により、
E1 東名・E1 名神を直通利用された場合より
料金が高くなる場合は、
迂回せずにE1 東名・E1 名神を利用された場合
(以下、「直通利用」)と
同額となるよう料金調整をおこないます。

  • 1.対象期間:
    料金調整① 2021年9月27日(月)0時→10月16日(土)6時
    料金調整② 2021年9月25日(土)0時→10月16日(土)6時
    ※上記の対象期間に関わらず、車線規制の終了をもって料金調整を終了します。
  • 2.対象車種:全車種(ETC車限定)
  • 3.ご利用方法:
    一連の走行を、同じETCカードで、通常どおりETCレーンを無線走行してください。
    出口料金所の路側表示器などは調整前の通行料金が表示されますが、走行日の翌月以降、クレジットカード会社などからの料金請求時に調整されます。
    なお、ご利用状況によっては、一旦、調整前の通行料金でご請求をおこなった後、改めて調整をさせていただく場合があります。
ETC車限定

料金調整① C2 名二環・名古屋高速迂回の料金調整

E1 東名・E1 名神・E1A 伊勢湾岸道からC2 名二環または名古屋高速に迂回し、再度、E1 東名・E1 名神またはE1A 伊勢湾岸道へ乗り継がれた場合は、直通利用された場合の高速道路料金と同額になるよう料金を調整します(ETC車限定)。
なお、C2 名二環または名古屋高速に迂回された場合の高速道路料金が、迂回せずに直通利用された場合の高速道路料金より安くなる場合は、調整されません。

ご利用区間ルートマップ
  • ※料金調整におけるETC時間帯割引の適用については、直通走行した場合に適用されるETC時間帯割引を適用したうえで料金調整をおこないます。
  • ※平日朝夕割引について、月毎の利用回数は、直通料金に調整された走行を1回としてカウントし、還元額(無料通行分)は、直通料金に調整された通行料金を基に計算します。
  • ※C2 名二環または名古屋高速を連続走行した場合に限り、料金調整の対象となります。C2 名二環または名古屋高速の途中のICで流出した場合は、料金調整の対象となりません。
  • ※一般道からC2 名二環または名古屋高速へ流入し迂回走行した場合は料金調整の対象となりません。
  • ※名古屋高速 東山線および万場線へ迂回した場合は、料金調整の対象となりません。
  • ※料金調整の減額は、当社が管理する高速道路の請求額の範囲内でのみおこないます(名古屋高速の通行料金からは減額をおこないません)。

料金調整例

ご利用区間ルートマップ
ETC車限定

料金調整② 一般道迂回の料金調整

高速道路を下表の流出指定ICで対象期間内に一旦流出し、一般道に迂回して、下表の再流入指定ICから、再度、同一方向の高速道路へ乗り継がれた場合は、直通利用された場合の高速道路料金と同額になるよう料金を調整します(ETC車限定)。
なお、一般道に迂回された場合の高速道路料金が、迂回せずに直通利用された場合の高速道路料金より安くなる場合は、調整されません。

ご利用区間ルートマップ
  • ※料金調整におけるETC時間帯割引の適用については、直通走行した場合に適用されるETC時間帯割引を適用したうえで料金調整をおこないます。
  • ※平日朝夕割引について、月毎の利用回数は、直通料金に調整された走行を1回としてカウントし、還元額(無料通行分)は、直通料金に調整された通行料金を基に計算します。
  • ※流出指定ICで流出されてから6時間以内に再流入指定ICで乗り継いでください。

料金調整例

ご利用区間ルートマップ

規制内容

工事区間における
規制内容のご案内

渋滞予測

ドライブ前の計画に、
お役立ち情報のご案内

迂回ルート

迂回ルートのご案内

料金調整

迂回いただいたお客さま向けの
料金調整のご案内

工事情報

集中工事の概要や
各種取り組みなどのご案内

CM・リーフレット

CMやリーフレットを
ご紹介